放射能検査

新米収穫までの暫定措置として、土壌の放射線量を測定しました。
ヨウ素-131、セシウム-137、セシウム-134の核種について測定を行い、いずれも不検出でした。
K-40(カリウム40)については検出されていますが、自然起源の放射性核種の一つで、通常の天然の土壌などには地域や物質で差はあるものの必ずK-40を含んでいるとのことです。
検査結果の詳細は以下よりご覧ください。

・2012年5月18日
三重県紀宝町 鈴木さん家の田んぼの土壌 検査結果(pdfファイル、1.98Mb)

【参考資料】
・三重県の放射線量測定結果
http://www.pref.mie.lg.jp/KOHO/HP/tohoku/data/

上記アドレスから、文部科学省へのリンクもありますので、参考にご覧下さい。